医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細


今日の耳鼻咽喉科・頭頸部外科治療指針


(第4版)

監修:森山 寛
編集:大森 孝一/藤枝 重治/小島 博己/猪原 秀典

  • 判型 A5
  • 頁 736
  • 発行 2018年06月
  • 定価 17,280円 (本体16,000円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03452-4
耳鼻咽喉科・頭頸部外科診療のスタンダードがここに
客観的で標準的な治療法を示す総合診療事典が全面改訂され、ついに刊行! 「総論」では臨床現場で直面する問題から出発し、どう診療を進めるかを解説しており、著者自身の考える診断に至るまでの過程を示す。「疾患篇」「全般篇」では、治療の考え方・進め方の要点、陥りやすい盲点を示し、患者説明に必要なポイント、薬の使い方なども具体的に解説。日常臨床に役立つのみならず、耳鼻咽喉科専門医を目指す医師にとっても必携の書。
序 文
第4版序

 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学の領域は確固たる専門性を有し,関連領域との連携を保ちつつ,高いレベルの診療を維持し,医療を取り巻く環境の厳しい時代においても信頼を保持できる専門領域といえます.
 1992年に刊行された初版はこの領域の初めての治療指針であり,当時の最先端の...
第4版序

 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学の領域は確固たる専門性を有し,関連領域との連携を保ちつつ,高いレベルの診療を維持し,医療を取り巻く環境の厳しい時代においても信頼を保持できる専門領域といえます.
 1992年に刊行された初版はこの領域の初めての治療指針であり,当時の最先端の医療を紹介し非常な好評を得ました.医学の進歩と医療技術の向上は目覚ましく,2003年には第2版を刊行し,読みやすく信頼のおける治療指針として多くのご支持・ご好評をいただきました.その後,最新の医療を紹介すべく2008年に第3版を刊行し,多くのトピックス,進歩を盛り込みました.
 さらに10年が経過し,検査や治療などに関する医療革新は驚異的なものがあり,また医療に対する社会のニーズや要求も高まっています.また難治疾患,希少疾患も増え,日常診療においてはさまざまな課題も山積しており,これらの状況に対応するためにこのたび第4版を刊行することとなりました.
 本書に掲載されている内容は,本邦における経験豊かな筆者らの経験と考え方に基づいた治療指針です.治療の考え方と進め方について,必要な要点や陥りやすい盲点,患者説明に必要なポイント,薬の使い方などがわかりやすく解説されています.
 また,本書は今日的診療レベルの王道を示す羅針盤として「第一線の診療にすぐに役立つ総合診療事典」であると確信しています.毎日の診療に役立つ必携書としての役割はもとより,ご好評をいただいた第3版の方針を踏まえ,診療現場での参照に応える,充実・洗練した内容の治療指針となっています.
 最後に,本書を編集するにあたり,多忙な時間を割いてご寄稿くださった先生方に深く感謝申し上げるとともに,本書が今後の耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学の医学・医療の向上に少しでも役に立つことを念願する次第です.

 2018年5月
 監修者・編集者一同
目 次
総論
 1 患者の診かた
 2 基本となる検査

疾患篇
 3 耳疾患
 4 鼻・副鼻腔疾患
 5 口腔・咽頭疾患
 6 喉頭・気管・食道・頸部疾患
 7 頭頸部疾患
 8 免疫・アレルギー疾患,特殊感染症

全般篇
 9 機能を代償する医療機器
 10 リハビリテーション

付録
 A 耳鼻咽喉科研修カリキュラム
 B 用語・手引き・診断基準など
 C 予防接種
 D 公的文書

和文索引
欧文索引