医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

運動学で心が折れる前に読む本


著:松房 利憲

  • 判型 A5
  • 頁 144
  • 発行 2017年04月
  • 定価 1,944円 (本体1,800円+税8%)
  • ISBN978-4-260-02863-9
これを読めばもう大丈夫。苦手意識よ、サヨウナラ!
高校から物理を避けてきた人、どちらかというと数学も苦手な人、それでも理学療法士・作業療法士を目指すには避けて通れない運動学。本書は、運動学に必要な物理や力学の基本を、脱力系対話形式で解説。随所に入るのどかなイラストがくじけそうになる気持ちを支え、「おさらい」と「復習問題」で国試もわかるように。実は臨床にも役立つお得な1冊。これでもう大丈夫。苦手意識よ、サヨウナラ。
序 文


ある日,病院にて-


桃太さんの体験
 “ゴツン”「痛いっ!」
 いったい何が起こったのでしょうか?
 ここは病院のベッドサイド。セラピストの桃太さんは,頸髄損傷の椿(つばき)さんに,肩関節の可動域訓練を行っていました。桃太さんの右手...


ある日,病院にて-


桃太さんの体験
 “ゴツン”「痛いっ!」
 いったい何が起こったのでしょうか?
 ここは病院のベッドサイド。セラピストの桃太さんは,頸髄損傷の椿(つばき)さんに,肩関節の可動域訓練を行っていました。桃太さんの右手で椿さんの前腕を,桃太さんの左手で上腕を持って,上肢を動かしている途中に,うっかり右手を離してしまったのです。健康な人であれば,前腕を挙上位で保持できます。では,前腕を挙上位に保つのは何筋でしょうか?上腕三頭筋です。しかしながら椿さんには上腕三頭筋の筋力がまったくないので,挙上位を保持できません。前腕は重力によって落下し,手が椿さんの顔にぶつかってしまったのでした。
 筋の作用と運動学がわかっていれば当然予測できることで,十分に注意しなければならないのに……。

小梅さんの体験
 「杉夫さん,立ちますよ(よいしょっと)」。
 杉夫さんは片麻痺。小梅さんは小柄で,杉夫さんは大柄。小梅さんは最近,腰痛に悩まされています。小梅さんは思いました。
 「どうすれば,もっと楽に立ち上がりを介助できるのかしら。てこの原理とかを使えばよさそうなんだけど,よくわからないままきちゃったし……。もっと運動学を勉強しておけばよかったなぁ(イテテ)」。

楓(かえで)さんの体験
 「楓さーん,ちょっと桜子さんのナースコールをみてくれない?桜子さん,指の力が弱くてナースコールのボタンがちゃんと押せないのよ」。看護師から声がかかりました。
 桜子さんをみると,指の可動域は問題ないのですが,筋力が弱く,ナースコールのボタンをしっかりと押す力はありません。
 「そうだ!運動学で習った“第2のてこ”を使ってみよう」。
 楓さんは,少ない力でボタンを下まで押せる自助具(動作をしやすくする工夫をした道具)を作りました。これで桜子さんも看護師もひと安心。
 「ありがとうございます。これで安心して横になれます」。
 楓さんは「てこのしくみを知っていてよかったな」と思いました。


 私たちは,重力に支配される世界で生活しています。重力に逆らう筋力がなければ,自力で座ることもできません。また,物を操作するのに必要な筋力がなければ,人の手を借りなければなりません。自助具を作る際にも,その動作に効果的に働く筋はどれなのか,知らなければなりません。関節可動域訓練を行う際にも,関節の形状を正確に理解していなければ,とんでもない方向に動かして,関節や筋を痛めてしまう恐れだってあるのです。
 運動学をマスターすることによって,対象者の動作や生活を改善につなげることができます。
 本書は,学生から頻繁に聞かれる「よくわからない」部分を中心に,やさしく,嫌にならないよう,またできるだけ数式は使わないよう,心がけて執筆しました。
 臨床実習で,あるいは社会人として臨床に出た際に,「もっと運動学を勉強しておけばよかった」と後悔しないですむように,基礎を固めてほしいと思います。基礎があれば,あとは応用するだけなのですから。
 本書を通して「運動学って,なんか苦手」という意識は変えられると確信しています。
 最後に,原案の構想段階から年単位でお付き合いいただいた編集部の金井真由子氏,そして制作部の成廣美里氏には並々ならぬ力添えをいただきました。この場を借りて感謝申し上げます。


 2017年2月
 松房利憲
目 次
序 ある日,病院にて-

1 運動のしくみ
 1.筋の構造と収縮
 2.運動の司令塔:脳
 3.運動の大きさ
 4.運動軸
 5.運動自由度
 6.運動方向
 7.関節の構造と種類

2 力学のキホン
 1.ベクトル
 2.ベクトルを体に応用してみよう
 3.力のつりあい
 4.モーメント
 5.てこ
 6.変位と速度と加速度
 7.仕事量と仕事率
 8.運動の法則
 9.エネルギー
 10.質量と重量と重心
 11.床反力と歩行

解答と解説
参考文献
索引