医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

≪標準保健師講座 1≫

公衆衛生看護学概論


(第4版)

執筆:標 美奈子/松田 正己/渡部 月子/音喜多 久枝/中谷 淳子/新井 香奈子/鈴木 陽子/近藤 麻理/尾島 俊之/中村 裕美子/藤内 修二/岩室 紳也/柴田 則子/島田 美喜/鳩野 洋子/藤原 啓子/近藤 明代/野地 有子

  • 判型 B5
  • 頁 260
  • 発行 2015年01月
  • 定価 3,240円 (本体3,000円+税8%)
  • ISBN978-4-260-02004-6
本書の特長
本巻は、保健師国家試験出題基準(平成26年版)の公衆衛生看護学概論、公衆衛生看護方法論Ⅰ、公衆衛生看護方法論Ⅱ、健康危機管理、公衆衛生看護管理論に対応しています。
これから保健師をめざす学生にとって必要な、地域看護の基礎となる地域看護の理念と活動分野を示し、公衆衛生看護活動の展開について具体的な活動事例を通して学習することで、保健師にとって必要な知識と技術の大枠を提示します。
公衆衛生看護の歴史を紹介し、日本と諸外国の公衆衛生の発達と公衆衛生看護の変遷についても理解を深められます。
*「標準保健師講座」は株式会社医学書院の登録商標です。
序 文
はしがき

 少子高齢社会のなか,保健師活動では予防の重要性が強くうたわれ,健康な地域づくりが重要な課題となっています。さらに,在宅看護の需要の拡大から療養支援には生活の視点が重要になっています。公衆衛生看護学は,保健師だけでなく看護師にとっても必要不可欠なものです。多くの看護職が...
はしがき

 少子高齢社会のなか,保健師活動では予防の重要性が強くうたわれ,健康な地域づくりが重要な課題となっています。さらに,在宅看護の需要の拡大から療養支援には生活の視点が重要になっています。公衆衛生看護学は,保健師だけでなく看護師にとっても必要不可欠なものです。多くの看護職が公衆衛生看護の志向を持つことが求められています。
 いま保健師教育の場は,これまでの3年制の看護学に1年制の保健師教育を付加する養成所や短期大学専攻科における養成に加え,看護学に統合された4年制大学および大学院修士課程など多様化しつつあります。なかでも多くの4年制大学では,公衆衛生看護学について限られた時間内で講義や臨地実習をしており,教員が信頼して学生に読ませることのできるテキストが必要とされています。また,大学生には看護師と保健師の2つの国家試験を受験するため,保健師国家試験にむけて短時間で効率よく,自己学習できるテキストが求められています。
 本講座は,教員や学生のニーズに応え標準的な保健師教育のための教科書として,保健師に求められる基本的な知識と技術を習得することを目ざし企画されました。
 本講座の特色は,改定された保健師国家試験出題基準の項目をすべて網羅したかたちで,保健師として押さえておくべきことをコンパクトにまとめたことです。
 本来,保健師の仕事は,応用が必要で創造的なものですが,基本がおろそかでは,応用的な課題に対応できないといえます。「理念や理論を押さえたうえでの基本の理解と,実践能力豊かな専門職の教育」を本講座のねらいとしました。

 本講座 の構成は,『公衆衛生看護学概論』『地域看護技術』『対象別公衆衛生看護活動』の3巻と,『保健医療福祉行政論』『疫学・保健統計学』の別巻2巻の全5巻からなります。
 本巻の3冊は保健師の基本として理念や考え方を述べた1巻『公衆衛生看護学概論』,保健師にとって地域看護を実践するうえで必要とされる技術をまとめた2巻『地域看護技術』,対象別・課題別の活動を展開する3巻『対象別公衆衛生看護活動』です。
 さらに,保健師の習得しておくべき基本的知識として,主たる活動の場の理解を深める『保健医療福祉行政論』,保健活動をデータで方向づける『疫学・保健統計』を,別巻の2冊としてコンパクトにまとめました。
 執筆者は保健師として現場経験豊富な看護大学教員や,地域保健に詳しい公衆衛生医師らで構成しました。

 本巻は,保健師国家試験出題基準(平成26年版)の次の内容に対応しています。
・公衆衛生看護学概論(1.公衆衛生看護学の成立基盤 2.公衆衛生看護学の対象と方法 3.社会環境の変化と健康課題)
・公衆衛生看護方法論I(1.公衆衛生看護の対象となる人々)
・公衆衛生看護方法論II(2.地域診断 3.活動の計画・実践・評価 4.計画策定・施策化と予算)
・公衆衛生看護管理論
・健康危機管理
 本書は,公衆衛生看護学の基礎となる理念・概念および活動展開について学べるように編集しました。すなわち本書では,公衆衛生看護の理念・対象,公衆衛生看護を実践するさまざまな場,健康に影響を及ぼす社会環境,公衆衛生看護の活動展開の概要,地域診断に基づいた公衆衛生看護活動の計画・実践・評価,計画策定と施策化,公衆衛生看護管理,公衆衛生看護に関連する法令,研究,健康危機管理および日本・米英における公衆衛生看護の歴史について解説します。とくに地域診断の展開については,具体的な事例を用いて実践的な学習ができるように編集しました。

 本書を活用された皆さんが,公衆衛生看護を担う保健師として活躍されることを願っています。
 2014年11月
 筆者ら
目 次
1章 公衆衛生看護の理念
 A 公衆衛生看護の理念 (標美奈子)
  1.公衆衛生看護とは(定義)
  2.公衆衛生看護の理念
 B 公衆衛生の理念 (松田正己)
  1.公衆衛生の理念
  2.公衆衛生活動の目的・目標の変遷
  3.健康の概念:状態として,権利として
  4.プライマリヘルスケア:義務としての健康から,権利としての健康へ
  5.ヘルスプロモーション
  6.障害者の権利条約
  7.「今こそプライマリヘルスケア」以降
 C 公衆衛生看護の基盤となる概念 (標美奈子)
  1.公衆衛生看護における倫理
  2.基本的人権の尊重
  3.公衆衛生看護における公的責任
  4.権利擁護(アドボカシー)
  5.エンパワメント
2章 公衆衛生看護の対象 (渡部月子)
 A 公衆衛生看護の対象の特徴
  1.公衆衛生看護の対象は地域で生活する人々
  2.個人・家族,グループ,組織,地域を活動の対象とする
 B 公衆衛生看護の対象としての個人・家族
  1.活動対象としての個人
  2.活動対象としての家族
 C 公衆衛生看護の対象としてのグループ・組織・地域
  1.活動対象としてのグループ
  2.活動対象としての組織
  3.活動対象としての地域
3章 公衆衛生看護の場
 A 行政機関 (音喜多久枝)
  1.保健師が活動する場
  2.行政機関における公衆衛生看護活動
 B 職域 (中谷淳子)
  1.職域保健(産業保健)が行われる場の理解
  2.産業看護職の活動
 C 学校 (渡部月子)
  1.学校保健
  2.学校保健活動と養護教諭の職務
  3.公衆衛生看護と学校保健との連携
 D 医療施設 (新井香奈子)
  1.医療施設
  2.訪問看護
 E 社会福祉施設 (鈴木陽子・標美奈子)
  1.社会福祉施設とは
  2.公衆衛生看護の場としての社会福祉施設
 F 国際 (近藤麻理)
  1.国際協力活動
  2.異文化と多様性への理解
4章 社会環境の変化と健康課題 (尾島俊之)
 A 社会情勢の変化
  1.人口構成および疾病構造の変化
  2.経済・産業および就業に関する構造の変化
  3.技術の発展とその健康影響
  4.グローバル化および個人の価値観の多様化
  5.地方分権化
 B 環境
  1.地球温暖化と持続可能性
  2.生活環境(公害・環境汚染)
  3.災害
 C 健康の社会的決定要因および健康課題解決の資源
  1.健康の社会的決定要因
  2.健康課題解決のための資源
5章 公衆衛生看護活動の展開 (中村裕美子)
 A 健康と生活
  1.健康とは
  2.生活とは
 B 公衆衛生看護活動の基盤-理論および展開方法
  1.理論
  2.公衆衛生看護活動の展開方法および遂行方法
 C 公衆衛生看護活動の方法
  1.総合的な地区活動
  2.個別・家族へのアプローチ
  3.集団・グループへのアプローチ
  4.地域へのアプローチ
  5.施策化・事業化へのアプローチ
6章 公衆衛生看護活動の計画・実践・評価
 A 公衆衛生看護活動の展開における地域診断 (標美奈子)
  1.公衆衛生看護活動の展開の基本
  2.公衆衛生看護活動における地域診断の基盤
  3.地域診断の進め方
  4.活用できる理論モデル
 B 公衆衛生看護活動の計画・実践・評価 (中村裕美子・渡部月子・標美奈子)
  1.計画策定とは
  2.具体的な計画の策定
  3.公衆衛生看護活動の計画策定・実施による波及効果
  4.公衆衛生看護活動の評価
 C 地域診断演習 (中村裕美子・渡部月子)
  1.既存の資料や日常の保健活動から把握した情報
  2.アセスメントで抽出した問題の整理
  3.計画と評価の実際
7章 計画策定と施策化
 A 保健計画の策定 (藤内修二)
  1.地方公共団体(地方自治体)における保健計画の位置づけ
  2.保健計画の意義
  3.保健計画に必要な要素
  4.保健計画の策定プロセス
  5.保健計画策定における保健師の役割
 B 事業計画の立案と実践 (岩室紳也)
  1.健康課題を解決するための事業計画の策定
  2.計画策定を通した他分野の政策との連携
  3.事業計画と予算
  4.計画の評価の実際
8章 公衆衛生看護管理
 A 公衆衛生看護管理 (柴田則子)
  1.公衆衛生看護管理の目的と機能
  2.組織運営と管理
  3.人事管理と人材育成
  4.予算管理
  5.公衆衛生看護における情報管理
  6.地域ケアの質の保証
 B 公衆衛生看護活動に関する法令 (島田美喜)
  1.法令を学ぶ意義と公衆衛生看護活動の根拠
  2.公衆衛生看護活動に関する法令
  3.保健医療福祉にかかわる職種とその根拠法令
 C 公衆衛生看護と研究 (鳩野洋子)
  1.公衆衛生看護活動と研究との関係性
  2.公衆衛生看護活動において研究的な視点が必要になる場面
  3.公衆衛生看護において研究(研究的な活動)を実施する際の留意点
  4.研究(研究的)活動を実施するために日ごろから行うこと
  5.今後の保健師の活動と研究
9章 健康危機管理 (藤原啓子)
 A 健康危機管理とリスクマネジメント
  1.健康危機管理とは
  2.リスクマネジメント
 B 保健活動におけるリスクマネジメント
  1.保健活動のリスクマネジメント
  2.保健活動のリスク評価の視点
  3.具体的なマネジメント
10章 公衆衛生看護の歴史
 A 日本における公衆衛生看護の歴史 (近藤明代)
  1.日本における公衆衛生看護活動の創成期
  2.戦時体制下の公衆衛生看護活動
  3.占領下・復興期の公衆衛生看護活動
  4.大きな転換期を迎えた公衆衛生看護活動
  5.高齢化などの新たな課題への対応
  6.地域保健法の施行,さまざまな健康課題への対応
  7.21世紀の健康課題への取り組み
 B 米国と英国の公衆衛生の発達と公衆衛生看護活動の歴史 (野地有子)
  1.米国と英国の公衆衛生・公衆衛生看護活動からなにを学ぶか
  2.米国の公衆衛生の発達と公衆衛生看護活動の歴史
  3.英国の公衆衛生の発達と公衆衛生看護活動の歴史

INDEX