医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

≪標準臨床検査学≫

血液検査学


シリーズ監修:矢冨 裕/横田 浩充
編集:矢冨 裕/通山 薫

  • 判型 B5
  • 頁 288
  • 発行 2012年04月
  • 定価 4,400円 (本体4,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-01509-7
医師と臨床検査技師のコラボによる新しい教科書【標準MT】シリーズ
血液病学の進歩により、臨床現場でも先端的な検査の知識が不可欠になって久しい。本書では血液学の基礎、血球動態、造血器腫瘍、血栓形成機構を解説した後、各血液学的検査の測定原理・準備・操作・判定を具体的に解説する。さらに各疾患の検査結果の評価・解釈にもページを割き、これからの臨床検査技師に必要な視点を養う。
*「標準臨床検査学」は株式会社医学書院の登録商標です。
医学書院の“青本”シリーズ≪標準臨床検査学≫が完全リニューアル!
臨床検査技師を志す学生向けの新しい教科書シリーズです。
●シリーズの特徴
・標準的なカリキュラムに対応し、使い勝手のよい編成
・臨床検査技師国家試験出題基準に完全対応、必要にして十分な記述内容
・医師と臨床検査技師のコラボで生まれた教科書
●ラインナップ ≫全12巻の一覧はこちら
目 次
カラー図譜

総論
第1章 血液の基礎知識
 A はじめに
 B 血液とは
 C 血液検査学の魅力
第2章 血球の動態と機能
 A 血球の産生と崩壊
 B 赤血球
 C 白血球
 D 血小板
第3章 造血器腫瘍
 A 造血器腫瘍のWHO分類
 B 造血器腫瘍の成因
第4章 血栓形成機構
 A はじめに
 B 止血機構とその破綻としての出血傾向
 C 一次止血の中心である血小板,二次止血の中心である血液凝固
 D 病的血栓形成
 E まとめ

各論1
第5章 血球計数に関する検査
 A 採血
 B 末梢血液検査
 C 骨髄検査
第6章 血球形態に関する検査
 A はじめに
 B 血液塗抹標本作製
 C 染色法-普通染色
 D 特殊染色
 E 血液細胞形態の観察
第7章 細胞表面マーカー検査
 A はじめに
 B 測定原理
 C 染色手技
 D 検査の応用
第8章 染色体・遺伝子検査
 A 染色体・遺伝子検査の意義
 B 染色体・遺伝子検査の種類
 C 造血器腫瘍の診断における染色体・遺伝子検査
 D 造血器腫瘍の治療効果の判定における染色体・遺伝子検査
 E 先天性の血液疾患の遺伝子検査
 F 検体の取り扱い,精度管理,標準化
第9章 鉄代謝
 A はじめに
 B 鉄代謝機構
 C 鉄代謝のバイオマーカー
 D 鉄関連貧血と鉄過剰症
 E まとめ
第10章 溶血に関する検査
 A はじめに
 B 溶血性貧血の診断
 C まとめ
第11章 赤血球沈降速度
 A はじめに
 B ウエスターグレン法
第12章 血小板・血管の検査
 A 血小板の検査
 B 血管の検査
第13章 凝固・線溶の検査
 A はじめに
 B 凝固検査
 C 線溶検査
 D 凝固・線溶阻害因子
 E 凝固・線溶分子マーカー

各論2
第14章 赤血球系疾患の検査結果の評価・解釈
 A 貧血
 B 赤血球自体の異常
 C 赤血球以外の異常
 D 赤血球増加症
第15章 白血球系疾患の検査結果の評価・解釈
 A 白血球増加症
 B 白血球減少症
 C 白血球機能異常症
 D 白血球形態異常
 E リンパ球の異常
第16章 造血器腫瘍の検査結果の評価・解釈
 A 造血器腫瘍に対する検査の進め方
 B 白血病
 C 骨髄増殖性腫瘍
 D 骨髄異形成症候群
 E 悪性リンパ腫
 F 骨髄腫および類縁疾患
第17章 出血性疾患の検査結果の評価・解釈
 A はじめに
 B 臨床情報(検査前の情報)の重要性
 C スクリーニング検査の重要性
 D 出血性疾患概論
 E 血管異常による出血性疾患
 F 血小板減少症
 G 血小板機能低下症
 H 先天性凝固異常
 I 後天性凝固異常
 J 線溶亢進
第18章 血栓性疾患の検査結果の評価・解釈
 A はじめに
 B 血栓症の検査
 C 血栓性素因の認識の重要性
 D 先天性血栓性素因
 E 後天性血栓性素因

和文索引
欧文索引