医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

2008年版 系統別看護師国家試験問題

解答と解説
(在庫なし)

編:『系統看護学講座』編集室 

  • 判型 B5
  • 頁 1452
  • 発行 2007年04月
  • 定価 5,940円 (本体5,400円+税10%)
  • ISBN978-4-260-00437-4
看護師国家試験対策に欠かせない1冊
○過去5年分の既出問題、科目ごとの傾向と対策・重要事項・チェックアップ、国家試験の出題形式に則った創作模擬問題240問、2007年実施の第96回国家試験の問題・解答・解説を収載。
○「傾向と対策・重要事項・チェックアップ」は全面的な見直しをはかり、最新の情報を収載、内容をいっそう充実させた。
○2穴・26穴ルーズリーフ対応。正解や重要語句が隠せる赤シート、各科目が一目でわかるインデックスシール付き。
序 文
まえがき
『系統看護学講座』編集室

 看護師を目ざすみなさんにとって,看護師国家試験は,これまでのたゆみない学習の成果が試される大きな関門です。これに合格して,はじめて看護師の資格を得ることができます。
 しかし,みなさんには,いったい国家試験にはどのような問題が出題されるの...
まえがき
『系統看護学講座』編集室

 看護師を目ざすみなさんにとって,看護師国家試験は,これまでのたゆみない学習の成果が試される大きな関門です。これに合格して,はじめて看護師の資格を得ることができます。
 しかし,みなさんには,いったい国家試験にはどのような問題が出題されるのか,試験に備えてどのような準備が必要なのか,またどの程度の学力が要求されるのか,といった国家試験受験への漠然とした不安があるのではないでしょうか。このような不安を解消するには,過去に行われた国家試験問題に実際にふれ,自分の実力を試してみることが有効です。
 本書はこのような考えに基づいて,過去5回〔2002~2006年:第91~95回〕の国家試験問題を,カリキュラムに沿って系統(教科)別に分類・収録し,国家試験の合格を目ざす自己学習のための参考書として,また平素の実力を十分に発揮していただくための問題集として利用できるよう編集しました。そして各問題には,それぞれの設問文がなぜ正しいのか,どこが誤っているのかが理解できるよう「解説」を付けました。また,各問題には難易度ランクを付けてありますので,そちらもご活用ください。
 また,各教科の問題の前には,出題頻度の高いことがらを中心に「覚えておきたい重要事項」を配して,教科ごとに試験直前の知識の整理ができ,日常の学習に役だてられるように準備しました。各教科の末尾にある「チェックアップ」の項では,付録の赤い透明シートをかぶせることで,穴埋め問題としても利用できます。
 このほか本書の最後には,第93回の試験から新しく導入された必修問題をはじめ,内容,形式ともに新しい国家試験出題基準に基づき作成した「模擬問題」を掲載しました。本番直前の総決算として,タイムスタディを含めて予行演習を試みてください。
 本書を十分に活用して,看護師国家試験にみごと合格されるよう,編集室一同祈っております。
 最後に,本書の編集にあたって,それぞれご専門の立場から解答・解説にご尽力いただいた諸先生に,心から御礼申し上げます。
 2007年 3月
目 次
・解答・解説者一覧
・覚えておきたい重要事項一覧
・本書を活用するにあたって
・国家試験の方式と受験対策
・国家試験問題年度別・教科別出題数一覧
・看護師国家試験を受験するにあたって
・看護師国家試験出題基準(平成15年版)

<教科別>(必修問題を除く以下の教科ごとに次の4つの項目がそれぞれ並びます)
□出題傾向と対策
□覚えておきたい重要事項
□第91~95回(2002~2006年)看護師国家試験問題[解答・解説]
□チェックアップ

必修問題
人体の構造と機能
 解剖生理学
 生化学
 栄養学
疾病の成り立ちと回復の促進
 病理学
 薬理学
 微生物学
社会保障制度と生活者の健康
 公衆衛生学
 社会福祉
 関係法規
基礎看護学
 看護学概論
 基礎看護技術
 臨床看護総論
在宅看護論
成人看護学
 成人看護学総論
 呼吸器疾患
 循環器疾患
 血液疾患
 消化器疾患
 内分泌・代謝疾患
 脳・神経疾患
 腎・泌尿器疾患
 女性生殖器疾患
 運動器疾患
 アレルギー・膠原病
 皮膚疾患
 眼 耳鼻咽喉 歯・口腔疾患
老年看護学
小児看護学
母性看護学
精神看護学

[新出題基準対応]看護師国家試験模擬問題
解答・解説