医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

乳幼児健診マニュアル


(第6版)

編集:福岡地区小児科医会 乳幼児保健委員会

  • 判型 B5
  • 頁 168
  • 発行 2019年08月
  • 定価 3,520円 (本体3,200円+税10%)
  • ISBN978-4-260-03935-2
すぐに読めて使える、乳幼児健診にかかわる人のための心強い味方となる1冊。
本書の編集委員会は、全国でもアクティブに活動する団体として小児科領域を先導しており、特に乳幼児健診では『福岡式』として全国的な認知度も高い。基本的なコンセプトは前版までを踏襲し、誰もがすぐに目を通せる要点をまとめた使いやすさを心がけ、乳幼児健診をあまり良く知らない人でも合格点の健診ができる本としている。今版では情報内容が更新され、さらに乳幼児にかかわるトピックやコラムもより充実した内容となった。
序 文
第6版を編集するにあたって

 近年,子どもたちを取り巻く社会環境は厳しさを増しています.虐待通報は年々増加しており,虐待は特異な親子の問題ではなく,日常の子育てのなかで親側あるいは子ども側のさまざまな社会的・身体的にネガティブな要因から,どの親子にも起こりうると考えられるようにな...
第6版を編集するにあたって

 近年,子どもたちを取り巻く社会環境は厳しさを増しています.虐待通報は年々増加しており,虐待は特異な親子の問題ではなく,日常の子育てのなかで親側あるいは子ども側のさまざまな社会的・身体的にネガティブな要因から,どの親子にも起こりうると考えられるようになってきました.虐待を防ぐには,個別のリスクの高いケースだけでなく,すべての親子に目を向け広く子育てを支えていく必要があると考えられています.

 そのようななか,国の施策として妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援を実現するために,子育て世代包括支援センターの設置が進められています.センターにおける支援は,「すべての妊産婦・乳幼児等を対象とするポピュレーションアプローチを基本とする」となっており,センターを扇の要として,保育園などの子育て支援機関,産科,小児科などの医療機関,さらに児童相談所など行政を含め地域の関係機関が連携することにより子育て支援の網がきめ細かく広がっていくことが期待されています.乳幼児健診は子育て支援の入り口の1つであり,ポピュレーションアプローチの感度のよい網の目として,その果たす役割はより一層重要です.

 今回の改訂にあたって,育児相談・育児支援のパートでは「事故防止」,「食物アレルギー」,「禁煙指導」,「子どもの歯の衛生」を新たな執筆者にお願いしました.また,コラムには「子どもを便秘の苦しみから助けましょう」,「臍ヘルニア圧迫療法」,「母斑とレーザー治療」を新項目として追加しました.多忙ななか改訂作業に多くの時間を割いていただいた執筆者の先生方,第4版から細部にまで目を通し編集に深く携わっていただいている花井敏男先生,今版の発刊にご尽力いただいた医学書院の塩田高明・内田純両氏に心より感謝申し上げます.

 最後になりましたが,本書の前身である「乳児健診マニュアル―健診する開業医の先生方のために」が1985年7月に発刊されて以来,本書の主導的な編集者・執筆者としてかかわり,わかりやすさの象徴である赤ちゃんのイラストをお描きいただいた松本壽通先生が昨年10月21日にご逝去されました.松本先生に遺していただいた貴重な宝である本書を,福岡地区小児科医会(丹々会)として大切に引き継いでいきたいと考えています.長年にわたるご指導に深く感謝申し上げ,心よりご冥福をお祈り申し上げます.

 2019年7月
 乳幼児健診マニュアル編集委員会
 編集責任者 稲光 毅
書 評
  • 時代とともに引き継がれ成長していく健診マニュアル
    書評者:横田 俊一郎(横田小児科医院院長)

     長い間待ち望まれた成育基本法が2018年末に成立し,次代の社会を担う子どもたちの心身の健やかな成育を確保するため,成育医療などを切れ目なく提供する施策を総合的に推進する基礎が出来上がった。それに伴い,乳幼児健診の機能をさらに充実させようとする機運が高まる中で『乳幼児健診マニュアル』が4年ぶりに改訂...
    時代とともに引き継がれ成長していく健診マニュアル
    書評者:横田 俊一郎(横田小児科医院院長)

     長い間待ち望まれた成育基本法が2018年末に成立し,次代の社会を担う子どもたちの心身の健やかな成育を確保するため,成育医療などを切れ目なく提供する施策を総合的に推進する基礎が出来上がった。それに伴い,乳幼児健診の機能をさらに充実させようとする機運が高まる中で『乳幼児健診マニュアル』が4年ぶりに改訂され第6版が出版された。

     本書は福岡地区小児科医会乳幼児保健委員会が,健診の実際的な方法について「乳児健診マニュアル」として1985年にまとめたのが始まりである。その後,1992年に医学書院から初版が出版され,全国の乳幼児健診にかかわる医師やスタッフに読み継がれてきている。乳幼児健診に必要な事項が過不足なく網羅されているだけでなく,最新の情報がその時々で付け加えられており,しかもコンパクトで携帯しやすく,実際に健診を行う際に本書ほど使いやすいものはない。

     今回の改訂では「事故防止」「食物アレルギー」「禁煙指導」「子どもの歯の衛生」が新たな執筆者により書き換えられ,内容もより新しいものとなっている。特に「子どもの歯の衛生」ではきれいなカラー写真が加えられ,非常にわかりやすくなっていると同時に保護者への説明にも利用できる。

     また刻々と変化する疾病の治療法や予防接種体制についても,新しい情報が取り入れられている。日本小児科学会新生児委員会が推奨する母乳栄養児へのビタミンK投与を生後3か月まで週1回続ける方法,臍ヘルニアの圧迫療法,母斑とレーザー治療,子どもの便秘の治療など,最近広まってきている新しい治療法が随所に盛り込まれているのも心強い。さらに2019年から始まった成人男子に対する風疹予防の追加的対策についても記載が加えられた。

     日本小児科学会とその関連団体からなる日本小児医療保健協議会合同委員会内の健康診査委員会では,乳幼児健診を中心とする小児科医のための研修会を定期的に開催するようになった。評者が小児科医になりたての約40年前にはそのような研修会はまったくなく,ほぼ自己流で乳幼児健診を行っていた。子どもの病気を診ることばかりに集中していた時代と比べて,現在は隔世の感があるが,福岡地区ではその古い時代から健診に真剣に取り組んできており,その努力と経験の結集が本書となっている。

     本書の生みの親の一人であり,可愛い赤ちゃんのイラストをお描きになった松本壽通先生が昨年ご逝去された。身体の発育だけでなく,子どもの心の健康の重要性を古い時代から強調され,私たち外来小児科医の良き指導者であり,その優しいお顔を忘れることはできない。松本先生の願いは今後も本書とともに引き継がれていくことと思う。

     乳幼児健診にかかわるのは小児科医専門医だけではない。小児のプライマリケアを担う全ての医師,健診にかかわっている全ての医療スタッフに本書を利用していただくことを願っている。
目 次
乳幼児健診について
 健診の心構え
 乳幼児健診はいつ行うか

乳幼児健診の実際
 診察の前に行うことがら
 一般理学的検査の手順
 発達診断学的診察の実際
 発達障害が疑われる子どものみかたと対応

月齢別の健診のしかた
 1か月児健診
 4か月児健診
 7か月児健診
 10か月児健診
 12か月児健診
 1歳6か月児健診
 3歳児健診
 5歳児健診

育児相談・育児支援
 1.育児相談のポイント―特に健診現場における育児支援の実際
 2.乳幼児の生活習慣
 3.乳幼児期の栄養指導
 4.事故防止
 5.食物アレルギー
 6.スキンケア
 7.禁煙指導
 8.子どもの歯の衛生
 9.子どもの虐待への気づきと支援
 10.母親のメンタルヘルスと育児支援
 11.予防接種

索引


コラム
 発達検査
 日本語版M-CHATと使用法
 臍ヘルニア圧迫療法
 シャフリングベビー
 早産児と修正月齢
 母斑とレーザー治療
 乳幼児揺さぶられ症候群
 真性・仮性包茎
 保育園・幼稚園と健康診断
 障害児の育児
 病児保育
 お乳離れの時期は?
 子どもを便秘の苦しみから助けましょう
 乳幼児突然死症候群(SIDS)
 ペリネイタルビジット(出産前後子育て支援事業)