医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

顔面骨への手術アプローチ


原著:Edward Ellis III /Michael F. Zide 
監訳:下郷 和雄

  • 判型 A4
  • 頁 272
  • 発行 2019年10月
  • 定価 22,000円 (本体20,000円+税10%)
  • ISBN978-4-260-03951-2
顔面骨格のあらゆる箇所へのアプローチ法をStep by Stepで解説
頭蓋顎顔面骨格へ到達するまでの経路に焦点を当てた手術アプローチ書。手術解剖の理解と軟組織の取扱いを基本に置いたうえで、豊富なイラストと写真を用いながら各手術アプローチ法をStep by Stepで丁寧に解説。本書を読めば顔面骨格のあらゆる箇所に自信を持ってアクセスできるようになる。形成外科医、口腔外科医をはじめ、耳鼻咽喉科医、眼科医、脳神経外科医など、頭蓋顎顔面領域の手術に携わるすべての外科医へ。
序 文
日本語版の序(下郷和雄)/(Edward Ellis III,Michael F. Zide)

日本語版の序

 従来から外科手術には大きく二つの局面があると捉えられている。手術部位に到る過程─手術アプローチ─と,主たる病変の取り扱いの二つである...
日本語版の序(下郷和雄)/(Edward Ellis III,Michael F. Zide)

日本語版の序

 従来から外科手術には大きく二つの局面があると捉えられている。手術部位に到る過程─手術アプローチ─と,主たる病変の取り扱いの二つである。
 本書の読者が主に関与する頭蓋顎顔面部は,その血流の豊富さと神経支配の緻密さ,自覚できる機能の多様さの点で,その他の部位とは趣を異にしていると言えよう。極論すればこの部位は,手術対象部位での操作が“細かい”ばかりでなく,そこに到る経路もかなり考慮が必要で“ややこしい”。

 本書(原書『Surgical Approaches to the Facial Skeleton, 3rd edition』)の代表著者のEdward Ellis III教授自身が書いているように,この“経路”に主点を置いて書かれた指南書は決して多くない。むしろ顔面骨をどのように理論的合理的に扱うかについて書かれたものが多く上梓され,ここ数十年の顎顔面外科の発展を支えてきたと言える。一方で,“軟組織の扱い”に関する記載が相対的に少なくなってきていたように感じられる。

 顎顔面外科の分野では,この経路を扱う技術/センスと骨を扱う技術/センスとは全く異なるが,その両方の技術をともに習得する必要がある。本書では手術解剖を基本に置いてplane surgeryの感覚を明確に持ちながら,アプローチのそれぞれの段階でsharp dissection,scissors dissection,blunt dissectionのどの方法が望ましいかも分けて記載している。また,従来から重要視されてきた軟組織の取り扱いを,図と解剖標本,実際の臨床手術写真を見事に組み合わせて,理解しやすく記載した良書である。
 この結果,1995年の初版刊行以来,本書は米国で頭蓋顎顔面外科を修めるレジデントに教科書的に受け入れられ続けて第3版を迎えた。一冊本でありながら広く頭蓋顎顔面領域を網羅したうえで,具体的かつ明快に記述されており,日本でも頭蓋顎顔面外科領域を学ぶ初心者から専門医を取得しようとする中堅の医師/歯科医師に大いに役立つ,比較的手軽な本だと言える。さらに本書の,ときに難解な英文をわかりやすい日本語にして紹介することにも意義があると考えて,訳書を出版することにした。

 著者のEllis教授は頭蓋顎顔面骨外科のイノベーションを主導したスタディグループの主要なメンバーであり,親日家で知られる。遅ればせながら日本語版を出すことについて直接相談して快諾を得,関連の分野の熟練の先生方の手助けをいただき,いずれ劣らぬ読みやすい和訳をいただくことができた。必ずや各分野で研鑽中の諸氏の参考になるものと確信している。

 出版にあたって,『AO法骨折治療 頭蓋顎顔面骨の内固定』(医学書院,2017)も含め顎顔面外科領域の専門書での経験豊かな編集者である飯村祐二氏の尽力と,医学書院のこの領域の医学教育に対する理解に感謝したい。

 極端な気象を印象づけた令和元年の夏の終わりに
 訳者を代表して 下郷和雄




 顔面骨格を露出しなければならないときは多い。顔面骨折の治療,副鼻腔疾患の治療,審美目的でのオンレイ骨移植や顔面輪郭修正手術,計画的な顎顔面骨切り術,眼球内陥などの外傷後変形の二次修正手術,骨内インプラントの埋入手術,再建手術その他でも顔面骨格へのアプローチが必要になる。目的とする骨格1か所に対して多くの到達経路を取りうる中で,実際に使われる手術経路は術者が研修で得た内容,経験,好みによって選択される。本書にはそれぞれのアプローチの長所と短所を列挙してあるが,ある特定のアプローチが他のものよりよいと推奨しているわけではない。“すべての道はローマに続く”という古い諺のように,どの経路を選んでも目的には到達できるが,手術で顔面骨格にアプローチする際に一般的に用いられる解剖学的・技術的な側面を詳しく記述することを本書の目的とした。意図的に提示しなかったアプローチもあるが,それらの多くはあまり用いられていないか,ごく単純な手技でわざわざ記述するほどではないものである。とはいえ,術者がどんな骨格手術を行うにしても,本書で示したアプローチですべての顔面骨格へのアクセスが可能である。
 われわれは本書『顔面骨への手術アプローチ』を,同様のテーマの他の本とは異なるコンセプトを持って上梓した。顔面骨への手術アプローチに関する本はほとんどの場合,対象とする手術ごとに記載している。例を引けば,顔面骨折に関する本では,通常ある1つの顔面“骨折”に対する手術アプローチを記載している。しかし,その部位への到達経路に関してはあまり記述されていないか,逆にごく詳細に初心者向けに記述されているか,どちらかのものが多い。そのため,読後に「この術者は皮膚面からどんなふうにして骨格のその場所に到達したのか?」という疑問が残ることが少なくない。こんな中にあって本書では,顔面骨格に対する手術適応に関する論議を避けて,この記述に従っていけば初心者でも安全に顔面骨格にアクセスできるように段階的に詳細に記述することにした。
 本書は,読者が局所解剖,特に骨学に関するある程度の基本的知識と理解を持っていることを前提としてはいるが,特に興味深い解剖学的構造については,各手術アプローチそれぞれに関連して記述してある。また,読者が軟組織を注意深く取り扱う技術を獲得していることも前提としている。本書では手術経路ごとに切開,開創,組織の取り扱いに有用だと思う器具を推奨しているが,他にも適切な器具はある。さらに,読者が顔面軟部組織閉創に習熟していることを前提としている。通常の皮膚縫合と異なるところがない場合は,本書であらためて取り上げることはしない。
 本書の初版を1995年に出版したときに,一部の専門分野の外科医によく受け入れられた。多くの口腔顎顔面外科医,形成外科医,耳鼻咽喉科医が本書をコレクションに加えてくれたし,これらの専門分野の研修医たちには最も好評を博した。
 第3版となる本書は,前の2版と同様に14の章からなり,第1章では手術アプローチに関連した基本原則を記載した。残りの13の章では主に露出したい顔面の領域ごとにセクションに分けて示した。多くの場合,部位ごとに複数のアプローチを示して,術式を選択できるように配慮し,それぞれの長所と短所を示すようにした。
 第3版の大きな変更は,ビデオの追加である。12の主要なアプローチをナレーション付きのCadaver解剖のビデオで示したのはDr. Eric WangとDr. Jenny Yuである(訳注:日本語版ではビデオは付けていない)。

 Edward Ellis III, DDS, MS
 Michael F. Zide, DMD
目 次
第1部 顔面骨へのアプローチの基本原則
 1 顔面骨へのアプローチの基本原則

第2部 眼窩周囲の切開
 2 下眼瞼の経皮切開
 3 経結膜アプローチ
 4 上眼窩眉毛アプローチ
 5 上眼瞼アプローチ

第3部 冠状切開アプローチ
 6 冠状切開アプローチ

第4部 顔面骨格への経口アプローチ
 7 上顎へのアプローチ
 8 下顎口腔前庭切開アプローチ

第5部 顔面皮膚切開による下顎へのアプローチ
 9 顎下部アプローチ
 10 下顎後切開アプローチ
 11 除皺術切開アプローチ

第6部 顎関節へのアプローチ
 12 耳前切開アプローチ

第7部 鼻骨格への手術アプローチ
 13 鼻外アプローチ(開放アプローチ)
 14 鼻内アプローチ

索引