医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細


学生・新人看護師の目の色が変わる

アイスブレイク30


著:内藤 知佐子/宮下 ルリ子/三科 志穂

  • 判型 A5
  • 頁 120
  • 発行 2019年10月
  • 定価 2,420円 (本体2,200円+税10%)
  • ISBN978-4-260-03938-3
アイスブレイクは思考の停滞を解消します。学習者の目の色が変わる瞬間が体験できます
アイスブレイクとは“氷を解かす”のイメージでつくられた、集まった人の心を和ませ、お互いの垣根を外し、目的達成に向けて積極的に関わって行けるよう働きかける技術を指します。本書は看護教育の現場で活用できるアイスブレイクを30厳選し掲載。いつ、どんなとき、どんなアイスブレイクが有効か、そしてその具体的な運用方法をイラストと共に丁寧に解説します。読めばすぐに試したくなること請け合いです!

アイスブレイク30――著者インタビュー
序 文
はじめに

アイスブレイクの世界へようこそ
 皆さん、こんにちは。この本を手にとっていただき、ありがとうございます。
 近年、アクティブラーニングという言葉が流行り、学習者に対してどのように関われば主体的かつ対話的な深い学びに誘うことができるのか、悩んでいる方も多...
はじめに

アイスブレイクの世界へようこそ
 皆さん、こんにちは。この本を手にとっていただき、ありがとうございます。
 近年、アクティブラーニングという言葉が流行り、学習者に対してどのように関われば主体的かつ対話的な深い学びに誘うことができるのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。現状の改善に向けてさまざまな取り組みをするものの、やらされ感たっぷりの学習者や、集中力が途切れてしまう学習者、他の教科の宿題をやり始める学習者を目の前にすると、指導者側のやる気も削がれてしまいますね。
 そんな現状を打開するためにおすすめしたいのが「アイスブレイク」です。アイスブレイクとは、簡単に解説するならば“準備体操”であり一緒に学ぼうという“雰囲気づくり”のための大切な時間です。授業や演習の冒頭、いわゆる「つかみ」の部分で活用します。アイスブレイクを通して、なんでも言い合える安心安全な場であることを認知してもらい、学ぶ意欲と教室の一体感を高めていきます。
 近年、この安心安全な場づくりが注目されています。Googleの研究によると、心理的安全性を高めることによって、チームのパフォーマンスと創造性が向上することがわかっています。そして、心理学には「Secure Base(安全基地)」という言葉があります。人間は、安心安全な場を感じて初めて外に向かって好奇心が向いていくそうです。皆さんにも、経験があるはずです。部署を異動したとき、施設が変わったとき、いわゆるAway感たっぷりのあの瞬間が、安全基地がない状態なのです。ご自身のパフォーマンスが一気に下がったことを体感されたと思います。目の前にいる学習者は、やる気がないのではなく、この安心安全な場であることが認知できていないために、外に向かって好奇心が向けられないだけかもしれません。
 私たちは、アイスブレイクは単なるウォーミングアップではなく、教育技法の1つだと捉えています。その目的は大きく3つです。
 ①自己開示を通して互いを理解し、緊張をほぐしていく。②ミニゲームやワークを通して、共に学ぶ仲間とチームビルディングを形成することを可能にする。そして、③これから学ぶテーマに触れることを通して課題を共有し、学ぶ態勢を整えていくことが期待できる、それがアイスブレイクなのです。
 1960年代にノールズ(M. S. Knowles)が提唱した成人学習理論のなかでも知られているように、“成人の学習者は、外発的動機よりも内発的動機に基づいている”といわれています。内発的動機とは、興味や関心など、学習者の内側にあるものによる動機づけです。学習者の主体性をあふれ出させるためには、いかに興味や関心をもってもらうか、そこが1つのカギとなります。知りたいと思えば、人は自然と能動的になることができます。その主体性をあふれ出させるしかけが、アイスブレイクなのです。
 本書では、社会人基礎力を意識して言葉を選び、3つのテーマ(主体性、チームワーク、思考力)に分けてアイスブレイクをまとめました。また各紹介には、推奨場面や適切な人数、所要時間や準備物品、推奨領域のほか、狙い・意図も明記し、すぐに活用できるようにしました。
 ぜひ、アイスブレイクに挑戦してみてください。学習者の可能性をあふれ出させ、目の輝きが変わる瞬間を一緒に楽しみましょう。

 2019年9月
 内藤知佐子・宮下ルリ子・三科志穂
目 次
はじめに
Introduction なぜ、アイスブレイクがいいのか
 1 アイスブレイクってなに?
 2 なぜ「看護を教えること」にアイスブレイクがいいの?
 3 アイスブレイク実施のコツ
 4 力をあふれ出させる「ファシリテーター型指導者」のススメ

Chapter 1 主体性を引き出すアイスブレイク
 1 なりきりヒーローインタビュー 2人で会話を成立させるトレーニング
 2 あなたのこと教えます!(自己・他己紹介)
     数人で会話を継続させるトレーニング
 3 4コマ自己紹介 自分を相手に理解してもらうトレーニング
 4 共通点探しの旅 相手を理解するためのトレーニング
 5 一緒に座るよ!一緒にまわるよ! 他者と力を合わせることを体験する
 6 いろいろシールでグループになろう
     さまざまな種類のコミュニケーションを体験する
 7 「思い」「願い」を聞いて! 本音を引き出すトレーニング
 8 交渉ゲーム 互いが納得できる合意点を探すトレーニング
 9 誕生月はいつかなゲーム 表現力と観察力を養う
 10 コンビニでのお買い物、栄養バランスを考えたコンビニ食の選択
     根拠を論理的に説明するトレーニング

Chapter 2 チームワークを引き出すアイスブレイク
 11 アイテムで「ミッション」への姿勢を言語化しよう
     互いの価値観を尊重する力を養う①
 12 けんちゃんの大好物は? 根拠に基づき考える力を養う
 13 遅刻の理由、どこまで許せる? 互いの価値観を尊重する力を養う②
 14 遅刻時間、どこまで許せる? 医療職として守るべきことを知る
 15 何秒保てるかな? 身体をリラックスさせる
 16 新聞紙タワー チーム活動で大切なことを知る
 17 あなたたちの「きょうどう」は、どれ? 言葉を大切に扱うトレーニング
 18 私の夢(妄想)、語ります! 前向き思考で話す、聞くことのトレーニング
 19 「10」までカウントしてみよう 観察力を高めタイミングを見計らうトレーニング
 20 キャッチボールで医療安全 置き換えて考え、チーム力をUPするトレーニング

Chapter 3 思考力を引き出すアイスブレイク
 21 トリックアート写真で、見かたを変える! 意図的に見かたを変えるトレーニング
 22 知らないものは「見えない」 相手との違いを知るトレーニング
 23 写真を見て、分析しよう 自分の分析を言葉で伝えるトレーニング
 24 間違い探しゲーム 思い込みをなくすトレーニング
 25 本当に見えているかな? 1円玉を描いてみよう
     観察する習慣をつけるトレーニング
 26 オリジナルロゴマークをつくろう
     ミッション、目標、チームカラーを共有するトレーニング
 27 4つのキーワードからウソを見破れ! 情報を集め、統合するトレーニング
 28 BIGワードに注意 わかったつもりをなくすトレーニング
 29 楽しんで覚える医療略語(カタルタ®アレンジバージョン)
     遊び心でやる気を高める
 30 今年の漢字一文字 概念化する力を養う

アイスブレイク早見表
用語解説
著者紹介