医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

≪標準保健師講座 1≫

公衆衛生看護学概論


(第5版)

執筆:標 美奈子/松田 正己/渡部 月子/臺 有桂/中谷 淳子/新井 香奈子/近藤 麻理/尾島 俊之/中村 裕美子/山崎 真帆/岩室 紳也/藤内 修二/吉岡 京子/島田 美喜/鳩野 洋子/牛尾 裕子/柳生 文宏/近藤 明代/野地 有子

  • 判型 B5
  • 頁 272
  • 発行 2019年01月
  • 定価 3,348円 (本体3,100円+税8%)
  • ISBN978-4-260-03560-6
本書の特徴
本巻は,保健師国家試験出題基準(平成30年版)の公衆衛生看護学概論,公衆衛生看護方法論I,公衆衛生看護方法論II,健康危機管理,公衆衛生看護管理論に対応しています。
公衆衛生看護活動の基礎となる公衆衛生看護の理念および概念,活動の対象・場および背景・環境などについて,わかりやすく解説しています。
公衆衛生看護活動の展開に関しては,その基盤となる理論や方法および,地域アセスメント(地域診断)に基づく活動の計画・実践・評価について,理解を深められるように編集しています。
公衆衛生看護活動の実践において重要な公衆衛生看護管理および健康危機管理の基本についてわかりやすく解説しています。また,公衆衛生看護の歴史についても制度の変遷を把握できるよう記述しています。
*「標準保健師講座」は株式会社医学書院の登録商標です。
目 次
1章 公衆衛生看護の基本理念
 A 公衆衛生看護の理念 (標 美奈子)
 B 公衆衛生の理念 (松田 正己)
 C 公衆衛生看護の基盤となる概念 (標 美奈子)
2章 公衆衛生看護の対象 (渡部 月子)
 A 公衆衛生看護の対象の特徴
 B 公衆衛生看護の対象としての個人・家族
 C 公衆衛生看護の対象としてのグループ・組織・地域
3章 公衆衛生看護活動の場
 A 行政機関 (臺 有桂)
 B 職域 (中谷 淳子)
 C 学校 (渡部 月子)
 D 医療施設 (新井 香奈子)
 E 福祉施設 (臺 有桂)
 F 国際 (近藤 麻理)
4章 社会環境の変化と健康課題 (尾島 俊之)
 A 人口および疾病構造の変化
 B 社会構造・文化的背景の変化
 C 社会情勢,政治・経済・産業構造の変化
 D 環境の変化と健康課題
5章 公衆衛生看護活動の展開の基盤 (中村 裕美子)
 A 健康と生活
 B 公衆衛生看護活動の基盤―理論および展開方法
 C 公衆衛生看護活動の基本的な展開方法
6章 公衆衛生看護活動の展開方法
 A 公衆衛生看護活動の展開における地域アセスメント (標 美奈子)
 B 公衆衛生看護活動の計画・実践・評価 (中村 裕美子,渡部 月子,標 美奈子)
 C 地域アセスメント(地域診断)演習 (渡部 月子,山崎 真帆,中村 裕美子,標 美奈子)
7章 保健医療福祉における事業化と施策化
 A 事業計画の立案と実践・評価(事業化) (岩室 紳也)
 B 保健計画の策定(施策化) (藤内 修二)
8章 公衆衛生看護管理
 A 公衆衛生看護管理の基本 (吉岡 京子)
 B 公衆衛生看護に関する法令 (島田 美喜)
 C 公衆衛生看護活動と研究 (鳩野 洋子)
9章 公衆衛生看護における健康危機管理
 A 健康危機管理の基本 (牛尾 裕子)
 B 災害保健活動 (牛尾 裕子)
 C 感染症集団発生への保健活動 (柳生 文宏)
10章 公衆衛生看護の歴史
 A 日本における公衆衛生看護の歴史 (近藤 明代)
 B 米国と英国の公衆衛生の発達と公衆衛生看護の歴史 (野地 有子)