医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

小児心療内科読本

わたしの考える現代の子ども

著:冨田 和巳

  • 判型 A5
  • 頁 468
  • 発行 2006年08月
  • 定価 4,510円 (本体4,100円+税10%)
  • ISBN978-4-260-00337-7
明日を担う子どもの健やかな成長のために、今こそ医師はかかわろう
子どもが訴える様々な身体症状は、実は心に起因することが少なくない。その点から言えば家庭医こそ心身医療を行うべきで、それが一番大切と言っても過言ではない。本書は子どもの心療内科的診療の入門書である。それと同時に、子どもの心とそれを取り巻く社会の問題に長年向き合ってきた、著者の集大成でもある。
目 次
 本書の方針
 本書の要約(私の主張)
1 子どもの心身医療
 外来で最低限必要な視点
 1-1 外来でどうするか
 1-2 心因性疾患を考える
 1-3 主な心身症・神経症・精神科的疾患
 1-4 行動の問題
 1-5 薬物療法
2 心を多角的に考える
 2-1 子どもの心身の発達(地球の誕生から心の誕生まで)
 2-2 心理学的にみる心の発達
 2-3 医師に必要な心理検査の概要
 2-4 心理治療
3 子どもと社会
 3-1 現代社会から子どもを考える
 3-2 報道の問題
 3-3 自分の国を考える-自然風土
 3-4 歴史から子どもを考える
 3-5 子どもと教育
 3-6 家庭の問題
 3-7 症例(被虐待児)から考える家庭(社会)・診療の実際
付録
 言葉の解説
 文献と参考書に関して
 心身医学の勉強や研修
随筆風あとがき
索引