医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

看護医学電子辞書


(在庫なし)


  • 価格 51,480円 (本体46,800円+税10%)
  • ISBN978-4-260-19878-3
学生から臨床家まで役立つ13書籍を収録。看護職待望の電子辞書
[収録内容]
◇4万5千項目を収録“看護大事典”、看護学生必携“看護・医学事典”、9万語収録“ポケット医学英和辞典”
◇臨床家に役立つ“治療薬マニュアル”、“臨床検査データブック[コンパクト版]、“カルテ用語集”
◇“広辞苑”や“ジーニアス英和・和英”など語学系7書籍を収録。
書 評
  • 看護医学電子辞書との2か月
    書評者:川島 みどり(日本赤十字看護大学教授・成人看護)

     私にとって,辞書のない生活は考えることができない。ふだんの会話の中でも一寸曖昧なことがあると,できるだけ早く正しい意味を明らかにしようとする努力をしてきた。

     ごく日常的に用いている言葉でさえ,辞書や事典を引くと,その言葉の多義性やルーツを知ることができ,ずいぶん得をした気持ちにさえなる。そ...
    看護医学電子辞書との2か月
    書評者:川島 みどり(日本赤十字看護大学教授・成人看護)

     私にとって,辞書のない生活は考えることができない。ふだんの会話の中でも一寸曖昧なことがあると,できるだけ早く正しい意味を明らかにしようとする努力をしてきた。

     ごく日常的に用いている言葉でさえ,辞書や事典を引くと,その言葉の多義性やルーツを知ることができ,ずいぶん得をした気持ちにさえなる。そこで,目下使用中のパソコンにも複数の百科事典を始め数十種類の辞書を搭載しているのだが,書斎や研究室で座って仕事のできる時間帯はごくわずかな現在,活用する機会は残念ながら限られてしまっている。

     執筆や講演などに関する資料など,ほとんどが移動中に読むことになるので,ふと生じた疑問を明らかにしようと,携帯用の小さな電子辞書もこれまで1度ならず求めた。しかし,単なる用語の説明だけであったり,医学用語に関する辞書は入っていても,看護独自の探索ができず不自由を感じていた。

     そんな時出会ったのが,この「看護医学電子辞書」である。専門的なことはよくわからないが,収録から販売までを出版社が行うというOEMという方式であるという。看護師や看護学生を対象にして,医学書院から販売された。『看護大事典』を始め,医学書院の書籍が6冊,語学系書籍7冊が搭載されている。とりあえず使ってみようと,とくに説明も受けずに,手当たり次第にメニューから色々な使い方を試してみたが,なるほど,知りたいことがただちに明らかになり,しかも色々な使い方ができておもしろそうである。

     そこで,雑誌等の広告頁に掲載されているこの辞書の,「電子辞書ならではの便利な機能」に上げられている項目に沿って,キーボードを動かしてみながら,それらの機能をあれこれ使ってみた。気に入ったのはスーパージャンプ機能である。収録されている辞書を横断的に検索できる他,出てきた難しい単語をその場ですぐに他の辞書から探ることができる。これは,活用次第で色々な学習ができるので,学生や新人看護師らの役に立つのではないだろうか。1つの索引からいくらでも知識の拡大が図れるというものである。

     活字の大きさが調節できるのも,老眼にとっては嬉しい限りで,この頃は,とくに目的がなくとも,車中で読書代わりに分野別小辞典をひもときながら,新しい知識を得る喜びを実感したり,薄れかけた記憶をリフレッシュさせている。

     こうして,今では,会議中にも原稿執筆中にも,この辞書は,私の必需のグッズになっている。帰宅してからメモしておきたいと思うような内容は,辞書にある機能を使って単語帳にその場で登録しておく。すぐに取り出せるので便利である。だが,未だ本格的に使いこなしているわけではない。未使用の機能をこれからどのように使うかが課題である。さしずめ次ぎのステップは,20メガバイトもある空き容量への追記であり,その内容の選択に迷いながら楽しんでいる。

     根拠に基づいた実践を行うためにも,わからないことは,できるだけ早く確かめる習慣を身につけるためにも,このハンディな軽い辞書はきっと役に立つだろう。